に投稿

学ぶこと 毎日の積み重ね

「税制改革」。本音を言いますと、この文字を見るだけで頭がくらくらします。
しかしながら、苦手だからと逃げている場合でもなく・・・。

先日、FP(ファイナンシャルプランナー)の勉強会に参加し、NISAや資産税の改正について学んできました。
この勉強会はFPの方が集まり、最新の情報の提供や実務に即した法改正を学ぶ会で、自分一人で学ぶには限界のある中で大変助かっています。

「税」に関しては税理士の業務範囲で行政書士は業を行うことはできませんが、それでも知識として知っておかなければ依頼者の方に対応することはできません。
 贈与・相続のご相談を受けても「税」のシステム、また情報が古ければ依頼者の方に不利益を与えてしまいます。

 「疑問に思ったことをそのままにしない」
当たり前のことですが、ついつい後回しにしてしまう癖があったのですが、分からないことはその場で調べることを心がけています。
小さなことの積み重ね・・・ですね。

に投稿

遺言作成 揉めないために大切なこと

人が亡くなると相続が発生します。
被相続人(亡くなった方)の遺言があれば、その遺言に沿って遺産分割を進めていきますが、それでも遺留分(一定の相続人に最低限保障される相続分です。)を侵害して遺産分割をしますと後々、揉める可能性があります。


遺言作成のご相談で、この遺留分を考慮せずに財産の分配をご検討されることがありますが、残される相続人の方のお気持ち、また後々のことを考えますと遺言作成をお引き受けすることをお断りしています。
もちろん、遺言者のご意思で作成することは可能なのですが、この遺言書が原因で親族間で揉めることを考えますと、やはり躊躇してしまうのが本音です。

残されたご親族の方の幸せのための相続財産です。この相続財産が原因で弁護士を入れて争った結果、仮に財産を得ても遺恨が残るようでは誰も幸せにはならないように思います。
私は行政書士として、せっかくご遺族に残された財産で不幸になることのないようお手伝いをさせていただきます。

に投稿

冬季休業のお知らせ

平素は格別のご愛顧賜り心より御礼申し上げます。
誠に勝手ながら、下記日程を冬季休業とさせていただきます。
2022年12月28日~2023年1月4日
休業期間中にいただいたお問合せにつきましては、営業開始日以降にご対応させていただきます。

に投稿

夏季休業のお知らせ

平素はひとかたならぬご厚情にあずかり、心より御礼申し上げます。

弊所では下記の期間を夏季休業とさせていただきます。

夏季休業期間:8月8日(月)~8月13日(土)

ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。